生きるための参考書

己の経験談などを更新します。あくまでも素人なので参考のみに留めて下さい。

謹賀新年

 

謹賀新年明けましておめでとうございます。
ご愛読の皆様お久し振りです、Simbaです。


約半年以上振りの更新になってしまいました……(汗)
今回は挨拶だけさせて頂きますね。

 


自分が双極性障害と診断されて
今年で3年目に突入です。
未だに己でも理解が追い付かず
動ける日や動けない日の差が激しく
相変わらず振り回されてますね(笑)
今年も焦らずのんびり、寛解に近付けられるような年にしたいと思っております。


Twitterも色々な独り言を呟いていますが、変わらず暖かく見守って下さればと考えております。


そして皆様が今年も良い一年を過ごせるように祈ってます。
今年もSimbaと共に新たに加わった愛犬の春田(はるた)を宜しくお願い致します。

地元に帰省して

今晩は、そして初めましての皆さん

改めましてSimba(しんば)です。

 

久々のブログ更新、私事ではありますが書き留めて置きたかったのでご容赦下さい。

 

本日、地元に帰省してから一年が経ちました。

長いようで短いような、短いようで長いような何とも複雑な心境ではあります。(笑)

 

約5年ほど前に、実家から追い出されてからと云うもの様々な事柄がありました。

まさに私自身が荒んでいた頃ですね。

当時からお付き合いをしていた方にモラハラDVをしてしまったこと、東京へ駆け落ち同然で上京し口論や取っ組み合いが絶えなかったこと、お相手が暴れだして蹴飛ばされたこともありました。

 

友人や他の方から言わせると貴方も被害を受けてるのだから、それもモラハラDVに値する、とは言われましたね……。

ですが、全ては病気のせいだとされてしまったら、ぐうの音も出ないのが正直なところで、何とも難しい判断なんですよね。

 

実際問題……私もネジが外れたよう、親から見放され誰も助けてくれない孤独だと云う恐怖で自己防衛により暴れていた訳ですから、例えお相手が発作的に暴れたとしても、私には受け止める義理が100%あるんだと思っていました。

自分のことを第一に考えられない性分なので

逃げる選択肢が全く在りもせず

来るものには立ち向かう精神を僅かながらに持っていたからこそ、尚更受け止めました。

 

それも相俟って元々持っていたであろう双極性障害を患ってしまった訳ですが(汗)

だからと言って、こればかりは私の生きてきた人生で起きた事象なので、人の所為にはしたくない正直な気持ちではあります。

多分それが当然かと思いますが。

 

それが偉いとか、それが当たり前とか思う方も賛否両論あるかと思われます

正誤善悪など無いとは思いますが、その言葉に甘えて寄りかかるようなことはしないように気を付けたい所存です。

 

そんなこんなで一年間、一日一日を振り返っては落ち込んで、急に妙な高揚感や易度感を感じたり、それを毎日繰り返し、処方箋を飲みながら療養をしている今現在に至ります。

自分では正直、何も変わってないんではないか?とも疑問に思いますが、人と余り接さないので、そこら辺は分かりません(汗)

それでも一日でもより良く過ごせたらと切実に思います。生きていることで精一杯だったりするので。

あとはリハビリがてら、なるべく人との関わりを増やしたいなとも思っております。

あとは少しでも自ら奮って身体が動けるようになればなと思います。

 

最初にも申し上げた通り私事でしたが、長々とご愛読頂きまして有り難うございました。

これからも改めましてSimbaをどうぞ宜しくお願い致します。

目には見えないこと

今晩は、お久し振りのSimbaです。

 

最近、季節の所為か
体調を崩しっ放しでブログを更新する気力すら削がれていた次第です。

すみません。


双極性感情障害は、これがまた目に見えないものなので自分でも対応することが精一杯の所存です。
尚且つ、精神病2大疾患の一つとされているのに、具体的な治療法や就労支援など、余り公にされないことも多く、周りへの理解を求める事も大変なところかと思われます。

私の家庭は幸い、理解までとは行かないですが、受け入れてくれた為それだけでも精神的には救いとなっています。

 

題材にも挙げたように目には見えない事についてですが、これはDVにも挙げられるのではないかと考えました。
専門的な知識とかそんなもんは分からないので除外して、これはただ単純に体験に基づいて素人個人で思うことですが、念頭に入れておいてくれれば事態は免れるのかなと言ったところです。

 

先ず、実は私が加害側になってしまったのは
他者からの洗脳を受けていたのではないかと心の中で考えていました、正直なところ他者からも病気や薬の副作用を理由に暴れられては何度も蹴飛ばされたり噛み付かれたり、口論になっては水をかけられたり、フライパンを投げられたり、終いには包丁を出してきて軽い怪我を負わされたり、一年に一度浮気の類をされたりと、度々ありました。


私自身、感情を表に出さないタイプなので溜まったものが爆発して、激情し同じように物を投げて怪我を負わせたり、突き飛ばしたりと散々なことをしてしまいました。相手もそれにやり返す形で、これは取っ組み合いの酷い喧嘩だ、くらいにしかわたくしは思ってなかったのです。

 

これは被害妄想だ、行き過ぎた考えだと言われてしまえばそれで終わってしまうことなのでしょう。

ですが若然して何も言わないことを良いことに、取っ組み合いの酷い喧嘩を、私が激情したことで既成事実を作らされ、モラハラDV加害側に仕立てあげられたのではないのかな、と心の奥底では常日頃考えておりました。

 

自分の非は、自分で言わないのが人間の性です。どんなに仲が良かろうとも、どんなに見知った人でも、どう云う非があったのか知らないことは沢山あります。

 

モラハラやDVの加害者には、その加害者なりの常套句とやらがあるようですが、洗脳されている被害者では、そんな常套句を聞き分ける判断力も注意力も欠落していますから、その時は従うしか道がありません。

 目に見えないとは、言葉での無意識的な洗脳であり、人から見ればとても仲良し小好しに見えるであろう、だけど蓋を開ければ自分の非を隅々まで隠している人間が常套句を使い、他者を洗脳して加害側に仕立てあげているパターンもあると言うことです。

 

喧嘩両成敗のはずなんですがね。

 

例えて言うのなら……そうですね
『私は被害者なの分かる?貴方はこれをして、これをこうしてアレしたよね、それモラハラだよ。と云うことはこう言う事でしょ、だからこれして当然だよね。』

自尊心が低く、判断力も決断力もない人々にとっては、ああ私(僕)が悪いんだ、申し訳ない事をしたな、じゃあそうしよう。と出来上がってしまう訳です。それを繰り返す余りに自ずと負の感情が溜まってしまい、いずれ爆発を招く。又は極端な話、自害する人も出てくる訳です。

 

今でも加害側は被害側など目も呉れずに、外では楽しそうに過ごしています。
そして言葉の裏というのは怖いものでして、相手には分からない意図が含まれています。

 

人を信じ易いなと思う方は、言葉に対して慎重になる事をお勧めします。

また人を安易に信用してはなりません、最近ではSNSによる出会いの場が急激に増え、声も顔も分からない人と交流する事もあるかと思います。

どんな手段でも煩わしい位に会話を何度も交え、相手がどんな人かを自分がきちんと知ってから、交際や友人になることがベストだと言えるのではないでしょうか。

 

 

乱文ではありますがここまでご愛読下さりありがとうございました、また何か思い出した事があれば書き綴って行きたいと思います。

※これはあくまで個人的な体験と主観でのお話なので、鵜呑みにはせず参考にしてくれればと思います

謹賀新年

 

遅れ馳せながら

皆様明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

不束者ですが、今年も何卒宜しくお願い致します。

 

月に一度は更新したいなと考えつつ、更新せぬまま年が明けてしまいました……いやはや(汗)

今年は無理なく更新しながら過ごして行こうと思むておりますので、懲りずにご愛読いただければ幸いです。

 

持病の双極性障害は今でも何ら変わりはなく、上手く向き合えているのだろうか?とも思いますが、やはり焦りも少なからずあったりするところです。

(この焦りは、仕事をしないといけないと云う意味合いを込めてます)

頭では仕事復帰のシミュレーションをしてはみるのですが、また辞めてしまうことばかりが離れないので、自分が思っているよりは回復していないのだろうと思います。

 

そんなこんなでまた新たな一年が始まりますが、無事に生きていることが救いです、皆様も無理せず、ご自愛下さいませ。

加害者とは

皆さん、今晩はSimba(しんば)です。

 

今回はDVの被害者様、そうなりそうな方に知ってほしいことを申し上げたいと思います。

経験をしたからこそ知っていてほしい気持ちもありますが、何より命が脅かされることを避けたいのが一番の想いです。

 

ではDVとはドメスティックヴァイオレンスの略称とされていますが、当事者たちにも呼び名がございます。

 

加害者を通称バトラー
被害者を通称バタード〇〇
(バタードウーマン、バタードチルドレンなど用いられる)と云います。

このバタードはスペルにすると「battered」

これはbatterの過去分詞形で受け身という意味です。
1分、1秒でも過去に受けた心身の損傷状態を表していることを指し
一方バタラーは「batterer」
これはbat、batter……叩く人、殴る人を意味する言葉です

 

バタードの皆さんに知ってほしいことは
男尊女卑に類似した、簡単な関係性ではなく

 

 「パートナーを完全なる恐怖によっての支配」

 

 と云う形で脅かしているということを必ず分かってほしい、そしてDVを受けているのではないかと疑問に思われてる方々にも知っていてほしいということ。

このbatteredからbadを取って悪い人と云う、被害者が悪いというレッテルも貼られていますが、違います。

 

真の悪人は生粋のバトラーです

 

ただ一つ、例外もあり
人にも寄りけりで、バタード側がバトラーを生み出してしまうこともあり、また反対も然り。

バトラー側がバタードを生み出すと言うことは、まさに先程にも申し上げたように生粋の悪人で、犯罪者になる人が多い傾向にあります。
有名な北九州監禁殺人事件でも関係性があげられています。

 

バトラーの特徴としては
やたら外面が良い印象を相手に残すようです。(例:妙に気前、羽振りが良い・やたらとさり気ない気遣いができる等)

 

私もよく言われました
正直自分が良かれと思ってエスコート、気遣い等をして来たので、そんな自覚はありませんでしたが、言われて自覚をすることにより、自分の発する言葉一つ一つに疑問を持つようになったのは救いだと思います。こういった考え方も危ないとは分かってはいますが……(笑)

 

 

そんなこんなで、相手への外面の良い日々を過ごしていたところに、あるキッカケで豹変するんです。

そのキッカケというのは
残念ながら、答えはありません。
その人の性格など、バトラーになることの理由は無限にあるかと、個人としては考えております。

ただ、回避することは可能です。

 

人を見極めろ。

とは言いません。

 

ただ、一言でもいいので相手を否定するような言葉をかけてみて下さい。
それでその人がバトラーの素質があるのか、そうでないのかは分かると思います。

 

ただ、密室の中に2人で居る時はやめて下さい、予兆になり兼ねません。


例としてあげれば……
やたらと気遣いができる人に
「気を遣われるの好きじゃない。」とか
羽振りがいい人であれば
「見栄を張ってるように感じるから、辞めてほしいかも。」とか

 

否定であればどんな言葉でもいいかと思います。

 

その時に返って来た言葉が、カウンターで否定または相手を見下したような、人をバカにするような言葉が出る人
顔色を読むことが得意な人は、表情が変わったり、緊張が見られた場合は

バトラーの素質があると言っても過言ではないかと思います。

 

元バトラーが言うんだから、そうなんだ!とは言いません。私も人間なので正誤なんてありませんから……(汗)

 

そういった見極める力をつけるための糧として、知っていてほしいということを今回は申し上げたかった所存です。

 

人は傷付け合いながら生きている中でも、一方的に傷付いて生きている人もいます。

人間という存在にカーストは在っては成らぬことで、皆が皆お互いを尊重しながら少しでも平和に生きていければ良いなと私Simbaは考えます。

 

では、またお会いしましょう。

 

ご愛読ありがとうございました、感謝です。

思い出したこと-1-

皆様今晩は。

 

お目を通して下さりありがとうございます。

語彙力の問題により、解釈が変わると思いますが、ニュアンスで少しでも伝ってくれたら嬉しいこと思います。

 

語彙力も私の療養の一つですが……(笑)、

 

それでは一つだけ経験談を。

 

生まれてから約17年間

小生は絶対的貧困家庭でライフラインの繋がり自体とても珍しい環境で育ちました。

ご飯は毎日雑炊(おじや)良くて即席麺、とてもひもじい時には紙(ティッシュやトイレットペーパー、画用紙など)を食べることも、しばしば


多少の変動はあり、小学校4年生に上がった頃には紙は食べなくなりました(笑)が、ライフラインは中々変わらず仕舞い。

そんなことを毎時間、毎日、毎年のように幼い頭で考えながら、小学校6年生に上がった頃には自分の将来が確定していました。


〝働ける歳になったら、進学はせず働こう〟

 

そう決めて毎日を過ごすことに。


ですが周りは皆

"どこの高校に行くの〜?"

"お前どうすんの"

 

などと高校進学に向けての話をしていることが多く、友達とは違う道を進む私は

劣等感を日々感じ、中学校1年生の二学期には本格的に不登校になりました。

 

中学校3年に上がったある日、母方の祖父母の家で家族会議が始まり

「Simbaはこれからどうしたいの?」と祖母に問われました。
家族は皆、高校に行きたいのならそれでも良いんだよと言ってはくれましたが、私もまあ頑固だったので

「家が大変だから、高校には行かない。家のために働く。」と伝え

 

祖母には偉い子だねと言われました


ですが、働くことに対してどうも自分では納得していなかったのか、何とも不甲斐ない切ない気分に初めてなりました。


そしてそれをキッカケに
初めて自分の将来に迷いました

中学校3年生の半ば
虐待もまだ続いていましたので
自分を知る一貫で心理学を独自に学んでみました。

そのとき、一つ思い出したのが
幼いころ4歳、5歳くらいのときに
何故か家に合った医学書を読むのが好きで、こうなったときは、どういう状態なのか、など調べることが兎に角好きな子でした。

そこで自分のやりたいことが本当は心の内に合ったのだと自覚し、私立校に行きたいと思い始めました。
ですが上手くは行かず、今度は自分が気付かない内に病気を抱える羽目になり、虐待も続いて心身共にボロボロでした。

ですが自分にも好きなことが合ったので、それで自分なりに命を繋ぎ止めていたようです。次第に家ではなく自分の好きな事の為に働く思考にシフトチェンジ。

ですが矢張り、不登校だったため
人とのコミュニケーションに関しては欠陥していたようで、トラブルを起こして18歳にしてコンビニアルバイトを解雇されました。

ですがすぐ自分に合ってそうなパチンコ屋で働き始めました、仕事中に東日本大震災が起き、ライフラインが回復するまで仕事に行けず、退屈ではありましたが、天災なので仕方ないと復旧するまで普通のメンタルで過ごしていました。

復旧したばかりで、職場も人員が少なく
毎日休みなく務めていた頃に、同じ職場で働いていた2つ上の男子大学生に告白されてしまいました。
震災後から急激に仲良くなったため
私もコイツならとあっさりOK✨( ・ㅂ・)و ̑̑してしまいました

それからというもの
自分でも驚くほど、自我崩壊が始まることになるとは思いも拠りませんでした。

それが男子大学生にやってしまった
モラハラ・DVの始まりでしたね

喧嘩する度に支離滅裂な発言や暴言を吐く腹が立てば突き飛ばす。
そしてある日、仕事に行くことがとても億劫なことがあり、1週間ほど休んでいましたが、少し復帰して休んでは復帰してを繰り返していたら、上司3人との面談になり、様子見として2週間ほど仕事を休むことになりました。遊びに行った先で途端に泣いてしまったり、人と関わることが怖くなってしまったり。

感情のコントロールが出来ず
再び喧嘩が始まっては、モラハラ・DV
それらが繰り返される中、ある日

その元カレに言われたことが
「お前は鬱なんや。そのままやったら、いつか死んでまうで。友達でも居たんや、そんなの耐えられん、だから別れて欲しいんや。」


今思えば、その時点で病院へ通っていればと思いますが、それはまた置いて。

その当時は21歳の秋頃だったと思います。
私も若かったのでしょう、別れはしたものの納得が行かずセフレとしてズルズルと関係を続けてしまいました。

1月に免許を取り、車に乗るようになって
21にもなって、こんなことをしていてはダメだ。きちんとしなくてはと己を鼓舞し、セフレ断ち切り、仕事を務めましたが、3月の半ば、職場がリニューアルオープンをするという為、掃除や台入れ替えなどの手伝いをしていたのですが、リニューアルオープン当日、職場の駐車場まで来たものの、プツンと何かが切れたように車から降りられなくなり、職場に電話も出来ず、真っ直ぐ家に帰り、半年も動けなくなりました。
結局、そこでも懲戒免職として解雇になりました。

そして半年経ち、親には働けと遠回しに告げられ、休むにも休めず致し方なく再びコンビニで働くようになり。

半年経ったある時
幼馴染みから遊びの誘いがあり、遊びに行くことに。
その日がある方との出会いの始まりでした。


気付けば、いつしか自分の夢や目標より、好きなことや家庭を優先した生きた方にシフトされていました。いつの間にか搾取されていることにも気付かずに。

今では自分が自分を塞ぎ込ませていたんだと、自覚はしていますが、まだ気付けていないことが多々。


ただ一つ言えることは
今また何かをしても、また同じことを必ず繰り返してしまうと云うこと。

なので、そうしないそうならないための療養と更生期間だと考えております。

同じ経験をしている方
似たような経験をしている方
該当しない方……色々な方がいらっしゃると思います。

頑張らなくていいんです、頑張ったってまた同じ事の繰り返しで自分が破綻していく一方ですから、仕事なんて私たちのことはどうも思っていません、期待をしたところで期待には必ず答えません。

辛いと思う方、ちょっとヤバイかもと思う方、ぜひ一緒にお休みしましょう。
もう十分だよ、と思っているときはまだダメですよ

1時間でも
1日でも
1ヶ月でも
1年でも
形は何であれ必ずお休みしましょう。

未来や希望だけは
いつでも私達を待っています。
あなたのやりたいことは何ですか?

初めに……

 

 

皆さん初めまして


Simba(しんば)と申します。

こちら@Simbanana_M

Twitterもやっておりますので是非フォローして下さい。


何卒宜しくお願い申し上げます。

 


自己紹介ページにも残してはございますが、念の為にこちらでも簡単にお伝えしておきたいと思います。

当方、長年虐待をされ
尚且つDV(モラハラ含)加害をそして被害にもあり、葛藤して参りました。気付けば精神疾患を抱えていたようで、2度目の病院で双極性感情障害と診断され、今は療養に務めております。

こちらでは自分の体験したことを踏まえた、経験談や己に対する戒め、気付いたことなどを綴っていきます。そのため、少しばかり過激で直球な内容、不適切な表現、発言もございます。

少し抵抗がある方は読むことをお勧めしません。また冷やかしや生半可な気持ちで読んで頂きたくもございません。
ですが、未成年者や反対派アンチ系の方々でも読めるように努めたいと考えております。


簡潔な説明ですが、こんな感じで更新していきますので、是非読者になって下さると嬉しいなと思います。